HOME>一般のお客さまへ>総合的なご案内/保育所・幼稚園における病児の対処について

保育所・幼稚園における病児の対処について

総合的なご案内
佐世保市医師会案内

佐世保市医師会小児科医会
病名 学校保健法による
学校出席停止期間
潜伏期間 感染期間 出席停止の目安
インフルエンザ ・解熱した後2日を経過するまで 1ー3日 3ー4日間 ・熱が下がって2日間
百日咳 ・特有の咳が消失するまで(約5週間) 1ー2週 カタル期
ー第4週まで
・治療開始後7日間(抗生物質を使用)
・特有の咳が消失するまで
麻疹
(はしか)
・解熱した後3日を経過するまで 9ー12日 発疹前5日間
ー後3日間
・解熱した後3日経過するまで
風疹 ・発疹が消失するまで 2ー3週 発疹前7日間
ー後7日間
・発疹が消えるまで
水痘 ・すべての発疹が痂皮化するまで 10ー20日 発疹の前日
ー痂皮化するまで
・かさぶたになるまで
流行性耳下腺炎 ・耳下腺の腫脹の消失するまで 2ー4週 腫脹前7日間
ー後9日間
・腫れがひくまで
マイコプラズマ肺炎
7ー21日 発病前1週間
ー後1ー3か月間
・医師の診断
・医師の許可がでるまで
流行性角結膜炎
(はやり目)
・主症状が消退後2日を経過するまで 4ー7日 発病後2ー3週間 ・発病後数日
・医師の許可がでるまで
溶連菌感染症
2ー7日 治療開始1日間 ・治療を始めて2日間
手足口病
3ー7日 咽頭:1ー2週間
便: 3ー5週間
・元気だったら受け入れる
りんご病
(伝染性紅斑)

17
ー18日
発症前7日間前後 ・元気だったら受け入れる
とびひ
1ー2日 病変持続期間 ・かさぶたになるまで
ヘルパンギーナ
2ー5日 咽頭:1ー2週間
便: 3ー5週間
・全身状態がよければ受け入れる
プール熱
(咽頭結膜熱)
・主症状が消退後2日を経過するまで 5ー7日 咽頭:2週間
便: 4週間
・症状が消えるまで
水いぼ
1ー2か月 軟属腫形成期 ・保護者に知らせる

北部班 *上記は一応の目安です。最終判断は主治医の先生の指示に従ってください。


平成 9年 7月24日作成
平成13年 6月13日改定
文責:神戸 正彦(佐世保市医師会小児科医会)
 
↑ページ上に戻る